TVや雑誌などでたびたび目にする活性酸素(非常に毒性が強く、老化の原因とも考えられています)は、もともと人間の体には必要な物質です。しかし、何らかの原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)で体内に大量の活性酸素(激しい運動をしすぎていたり、ストレスや疲れを溜めていると、発生しやすくなってしまうでしょう)が発生すると、糖尿病や動脈硬化といった生活習慣病や現代病、老化の促進など、人間の体に相当なダメージをもたらします。この活性酸素は、普段の日頃の生活で身近なところから発生しやすく、また、身近なところで発生するからこそ、普段から気を付けていれば、発生を防ぐことができるのです。ですので、活性酸素から体を守るためには、活性酸素(激しい運動をしすぎていたり、ストレスや疲れを溜めていると、発生しやすくなってしまうでしょう)の発生原因と対策をしる事が重要になります。まず、肥満(極端なダイエットはリバウンドや拒食症、過食症の原因になりかねません)やストレスは禁物で、活性酸素(非常に毒性が強く、老化の原因とも考えられています)発生の要因となるのです。常日頃からできるだけリラックスし、アロマをたいたり音楽を聴いたりするなど、できるだけストレスをためないように心がけましょう。タバコやアルコールの過度な摂取も発生の原因となるので、適量を心がけてください。アルコールを摂取すると肝臓でアルコールの分解が行われ、その時に活性酸素が発生します。タバコを吸うと抗酸化物質であるビタミンC(ヒトやサルなどの一部の動物以外は、体内で合成できるそうです)が破壊され、活性酸素の活動を抑制できなくなってしまうそうです。それから、外出時にはできる限り紫外線対策を心がけましょう。紫外線(曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいますから、晴れの日と同様の紫外線対策が欠かせません)を浴びると体内の水分と紫外線(目に対してもUV対策を行わないと、日焼けしてしまうといわれています)によってできた酸素原子が反応し、強力な活性酸素を発生します。また、過激な運動は控え、適度な有酸素運動を心がけましょう。激しい運動は大量の酸素を必要とし、体内に大量の酸素を吸収します。そして、その酸素を使い、運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)に必要な大量のエネルギーを発生し、それと一緒に大量の活性酸素を発生させるのです。活性酸素を発生させないウォーキング(散歩との違いは、歩く速度と頻度だと思います)やサイクリングなどの有酸素運動に切り替え、健康維持をしていきましょうー